Hogono Expo Performance (Taken On)

A juggling project documentary film featuring juggler Kouta Ohashi.

Half a year of creation and rehearsal, connecting Nagasaki and Sendai.

 (With English subtitles)

プロジェクト企画 結城敬介のメッセージ / Message from project manager

小学生を含む仙台のジャグラーたちが、大橋くんの振付でパフォーマンスする、というアイディアは、気軽な雑談のうちにスタートしました。

大橋くんが住む長崎と仙台は、約1400km の距離。そう簡単に行くはずもない。

PONTE が企画に関わる、ということは、休憩時間のノリで声をかけようと決めたことでした。暑かった 8 月の平日の昼日中、messenger のビデオ通話で、練習帰りのあおきくんと、ダラダラと話しました。誘ったものの、落とし所は考えていません。

どうせなら過程も含めて全部見せよう、という思いつきも、作業の山と、加えて、平行して進む稽古の遅延も重なり、こんなことやめときゃよかったと思いもしましたが、結果的に、素敵なパッケージとして、世界中の皆さんへお届けできることになりました。

このパッケージは、プロジェクトと名乗ってはいるものの、かように、多くのノリ、思いつきを乗り切った、 即興の痕跡でもあります。

それが残せたのは、ひとえに素晴らしい才能と、多くの人たちの支え、帳尻を合わせる力、忍耐があってこそです。

そんな「プロジェクト」を、私たちが楽しんだように、皆さんにも楽しんでいただけたら他に言うことはありません。

ぜひご覧ください。

文:結城敬介(ホゴノプロフィス)

 

 

It all started with a casual conversation. 
We decided to create a performance with jugglers from Sendai including a 10-year-old kid, with Kouta as the choreographer.

Nagasaki, where Kouta lives, is 1400km away from Sendai. I knew it wasn’t going to be easy.

It was a hot sunny day in August. Juggling magazine PONTE had got involved in the project when we just randomly called the chief editor during our break (he was on the way back home after juggling practice), although we still didn’t know what was going to happen.

Together with PONTE, we aimed to record everything including the creation process from the beginning, but there were way too many things to do, and we faced many obstacles with the creation itself. Even I at certain points regretted having started the project, but in the end, we are now publishing our project as a fantastic video compilation.

This package is called a “project”, but it is actually a collective of a lot of random inspiration and improvisation.

Without the participants’ great talent, support, organisational skills, and patience, this dream would not have been realised.

It is my great pleasure to share the experience of this “project” with many jugglers and even non-jugglers around the world.

 Now sit back, relax, and please enjoy the show!

Yuki Keisuke (
Project manager  Kouta Ohashi Project)

参加メンバープロフィール / Participants’ Profile

大橋昂汰 Kouta Ohashi

1995年10月25日生
口癖の「分からないですね」で、稽古中のメンバーを困惑させつつ、複雑なシークエンスを魔法のように構成する、我らが監督。ジャグリングと、子供との接し方がうまい。

born in 1995
He confuses the other members with his favourite saying: “I don’t know”. He composes complicated juggling sequences like magic. He is good at juggling and hanging out with children.

沓間弘樹 Hiroki Kutsuma

1993年9月27日生
参加メンバーきってのナンバーズボールジャグラー。グループパフォーマンスへの関心から企画に参加。会話の総括などで良い事を言うのがうまい。

Born in 1993
One of the more skilled ball jugglers in the team. He joined the team to experience creating within a group setting.

斎籐仁 Jin Saito

1993年10月17日生
現役大学院生であり、仙台でパフォーマンス活動も行っている。企画最初期から関わり、集団制作パフォーマンスにおけるリーダー的立場を担う。その責任感から、雑務まで引き受け、疲弊しやすい。稽古場ではよく寝ていた。

Born in 1993
He is a graduate student and performs in Sendai. He is one of the first members of the project and is the team’s big brother.

高橋春翔 Haruto Takahashi

2005年11月23日生
企画中、ジャグリング歴1年ながら、7ボールをなげられるほどに上達するスキルに全員が驚かされる。初めてのパフォーマンスに懸命に、時々いい加減に取り組む。大橋監督にはよく怒られる。「がんばりました!」とは本人談。

Born in 2005
Elementary school student. He’s been juggling for 1 year and juggles 7 balls now. It was his first performance.

ふみのり Fuminori

1993年4月6日生
国内トップクラスのスキルを持つナンバーズリングジャグラー。稽古後半に、人員不足のため、山形県から急遽参加。音ゲーマーとしてもハイレベルであり、休憩中無音でスマホを叩き続ける姿が見られる。

Born in 1993
He is a top class numbers juggler in Japan. He joined the team after some members left.

佐藤広野 Hiroya Sato

1994年8月8日生
シガーボックスをメインの道具にしながら、企画中にボールのスキルを飛躍的に上達させる努力家。また「スキップモンスター」の異名をとる魅惑的なスキップを繰り出す。稽古後、何を食べるか迷ったときは彼に決定権がある。 「集団製作では黒いメガネをかけてるのが僕です( ロ_ロ)ぜひ、注目してください!」

Born in 1994
Cigar box is his main thing but he worked on his ball juggling skill during the project and improved quite a bit.  His skipping is so good that he is called Skip Monster now.

ぼたもち堂 Botamochi-dou

1989年生 社会人
ダンスやアートに親しく、参加メンバー中もっともパフォーマンスをこなしている一人。落ち着いた物腰とは裏腹に、豪快に笑う。ぼたもち堂は、もちろんステージネーム。

Born in 1989
Well read on dance and art,  he has performance the most in the team.

上田尚弥 Naoya Ueda

大学院生
ボール・クラブ・ディアボロ・デビルスティックとどれもハイレベルなスキルを持つ。怪我のため、稽古のサポートメンバーとして参加。その硬直したスキップは、広野と双璧をなす「スキップモンスター」ぶりであったことを、ここに記録したい。

He is a graduate student and skilled with balls, clubs, diabolos, and devil sticks. He has an injury so he joined as a supporting backstage member.

南部大地 Daichi Nambu

1990年7月17日生 ミュージシャン
今回の企画のすべての音楽を制作。実はジャグリングやマジックも嗜む。結城とパフォーマンスユニット「マヤマ」としても活動中。

Born 1990
He composed all the music in this project. He enjoys juggling and magic as well. He performs as “Yamaya” with Yuki.

青木直哉 Naoya Aoki

1991年10月3日生 PONTE編集長
今回の企画へ、突然の誘いにも関わらず、二つ返事で参加。そのフットワークの軽さで、世界のジャグリングシーンを繋げている。稽古場では、うるさい。

Born in 1991
He is the chief editor of juggling magazine “PONTE”. He travels around to connect the juggling communities around the world. He is very chatty in the gym.

結城敬介 Keisuke Yuki

1987年4月6日生。
プロジャグラー。本企画の主宰。映像の撮影編集、集団制作の助監督など。

Born in 1987
Professional juggler and the organiser of the project. He filmed and edited the project video and was a co-director of the performance.

【集団制作の記録(仮)】

2016年

[6月]
?日
仁と練習会中に、大橋振付作品について話す。
18日 WJD in Tohoku中に、大橋へ初コンタクト。その場で企画への参加を承諾される。

[7月]
9日 企画へ関心のあるジャグラーに声をかけ、集める。個別に動画を撮影。
7月13日 LINEグループを発足。
7月21日 初稽古。稽古のときに考えた動画をグループで共有して、大橋監督からコメントを貰う形で進行する。

[9月]
6,7日
大橋監督初来仙。稽古の休憩の合間の思いつきで青木に連絡。その場で企画に参加を承諾される。

[11月]
11日
空転劇場で大橋プロジェクトの発表。
12,13日 青木と大橋来仙。大橋、朝寝坊により新幹線を乗り逃すなど。
23日 春翔誕生日。メンバーからささやかなプレゼントを贈る。大橋監督はビデオメッセージを送ろうとするも、アップロードできずグダグダに。

[12月]
18~20日
大橋監督、進捗状況を鑑みて再来仙。
23日 山形からふみのりがメンバーとして招集。ぼたもち堂は仕事のスケジュール上、参加を見送ることに。

2017年

[1月]
17~21日
 大橋来仙。稽古の最終調整。ゲネプロ。
[2月]
3日
 本番映像で撮りきれていないパートを撮影。

2016

June, Talked about a project choreographed by Kouta.
18 June, Kouta confirmed that he will join the project during WJD (World Juggling day) in Tohoku.

9 July, Started calling out to jugglers who are interested.
13 July, Started a online chat group.
21 July, First session.

6,7 Sept, Kouta came to Sendai for the first time. First contact with Naoya, a juggling magazine editor.

11 Nov, Announced Ohashi project at Kuuten Gekijo theatre.
12,13 Nov, Naoya and Kouta came for the second time to Sendai. Kouta missed his train.
23 Nov, Haruto’s birthday. Little presents from the team. Kouta tried to send a video message but it failed to upload.

18~20 Dec, Kouta came to Sendai worrying about the progress.
23 Dec, Fuminori joined from Yamagata. Botamochi left the project because of his work schedule.

2017

17~21 Jan,
Kouta’s third time in Sendai. Final rehearsal for the performance.

3 Feb, Filming of extra B-roll for the project.